眼精疲労を放っておくと大変。今すぐアイケアを始めよう♪

女性

長時間のデスクワークをしている方は要注意

現代では学業や仕事などで、パソコンやタブレット端末など画面を長時間見て作業する人が増えています。その影響から眼精疲労になる人も多くなっています。そしてそれは大人に限ったことではなく、子供までもが眼精疲労となり、視力低下に進んでしまう傾向もあります。パソコンやタブレット端末など、画面をじっと見るとき、人は瞬きをする回数が減ってしまうといわれています。瞬きをすることはドライアイを防ぐ行為となります。しかし瞬きの回数が減れば目が乾きやすくなり、人によっては痛みを感じることもあります。ドライアイとなれば潤いから得られる栄養成分が吸収しにくくなり、その結果眼精疲労につながっていきます。眼精疲労は放置すると視力低下につながるだけでなく、頭痛やめまいなど体調を崩す原因につながることもあります。

3人の男性

疲労を回復させたいなら有効成分が入ったサプリを摂ろう!

眼精疲労を改善していくためには、目に良いとされる栄養成分を摂取していくことが大事です。よく知られている栄養成分では、アントシアニンがあります。アントシアニンはポリフェノールの1種で、ブルーベリーに含まれる成分として知られています。そのアントシアニンは確かに眼精疲労に良いとされる成分ですが、その効果は24時間しか持ちません。そのときたくさん成分を取り入れても、効果が続くというわけではありません。大切なのは継続して摂取することです。しかし、あまりブルーベリーを食べないという人もたくさんいます。そのような人は、ブルーベリーの成分を凝縮させたサプリメントが販売されています。ブルーベリーは毎日なかなか摂取できなくても、サプリメントなら手軽に摂取できるようになります。

Categories